JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

小さな手でサツマイモを植え付け


苗を植える児童 美和支店は美和町農業委員会が主催する食育推進事業に今年も協力。昨年に続き、美和町内の四小学校で学童農業体験として、サツマイモ(ベニアズマ)を栽培します。
5月22日には篠田小学校の児童約150人が同小学校西側の畑で苗を植えました。
はじめに、海部農林水産事務所の成瀬裕久専門員が「穴を5㎝くらい掘ったら根の部分が横になるように埋めてください」と植え方を説明。子どもたちは真剣に聞き入り「どうして横に植えないといけないの?」「どうすればたくさんできるの?」と積極的に質問していました。
その後、児童は農業委員やJA職員らに指導を受けながら、1人5本ずつ苗を植えていきました。
収穫は10月に行われる予定です。児童らは「うまく植えることができたよ」「たくさんサツマイモができるといいな」と体験を楽しんでいました。