JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

地元農業への理解を深めよう


親子米作り体験

美和東小学校での田植え

美和小学校での田植え体験

【「食料の大切さを学んでもらおう」と当JAは管内各地で田植え体験を実施しました。】

当JAと管内の各市町で組織する海部東地域水田農業推進協議会は、5月30日、当JA営農センター南側の水田で「親子米作り体験」を実施、管内に住む親子らを中心に約100人が参加しました。
参加した子供らの大半は、田んぼに入るのは初めて。泥の感触に驚いていました。
田植え作業をJA職員が指導。参加者は「苗が浮かないように深めに」「移動する時は足跡をならしてから」等アドバイスを受けながら『あいちのかおり』の苗を植えていきました。
田植え後は、当JAのプライベート・ブランド米『かぶとまい』のおにぎりや豚汁、ソーセージなどで昼食。子どもたちは「田んぼは思ったより深くて動きにくかった。秋の稲刈り体験にも参加したい」と田植え体験を楽しんでいました。

美和町では、当JAとJA海部東営農受託部会美和支部が小学校の田植え体験に協力。6月8日には美和東小学校の5年生56人が、6月10日には美和小学校の5、6年生152人が田植えをしました。
児童らは体験を通じて、米作りや地元農業への理解を深めました。

アーカイブ