JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

品質自慢のイチゴたちが出荷


担当者の説明を真剣に聞く組合員

牧野苺組合は、3月21日、牧野出荷場でイチゴのバラ詰め目揃え会を行いました。出荷者七人とJAと経済連、市場担当者が参加しました。

同組合で作っている「とちおとめ」と「ゆめのか」は、今年度からギリギリまで熟してから出荷できるように、出荷先を名古屋西青果一本に絞りました。

市場担当者は「市場も品数が不足気味で需要が非常に高く、この地域は品質が良いので頑張って出荷してほしい」と話していました。

生産者は、市場担当者とイチゴの色や箱の詰め方、出荷の日程など確認して出荷は3月26日から始まりました。

アーカイブ