JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

TPP交渉から「食と暮らし」を守ろう


TPP全国代表者集会の様子

長坂議員の秘書へ要請書を提出して決議を依頼

農林漁業者や消費者の団体などは、10月2日に「TPP全国代表者集会」を東京都の日比谷野外音楽堂で開きました。この集会では、政府が情報を開示せず交渉を行い、食や医療に打撃を与えかねない不安から、国益を守るために重要品目の関税を撤廃させない事や国民への情報提供を求める国会決議の順守を呼び掛けました。

当日は、全国から関係者3,500人が参加しました。当JAからは、山中常務理事と木全理事、伊藤生活課長の3人が参加。集会後には、長坂康正議員の秘書へ国会決議への要請書を提出しました。

山中常務は「安全・安心な日本の農産物を食べたいと願う消費者や豊かな農村を守りたいという生産者の想いを伝えていきたい」と話していました。

アーカイブ