JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

「なの花の会」が合同発表会を開く

当JAの助け合い組織「なの花の会」は、6月22日にあま市甚目寺総合福祉会館で二頃の活動の成果を発表する合同発表会を開きました。全支部の会員50人と利用者77人、来賓やJA関係者11人が参加しました。

午前の部では、全員が参加する毎回好評のパン食い競走から始まり、ペットボトルを使ったボーリング大会などのゲームを各支部対抗で行い盛り上がりました。

午後の部では、各支部趣向を凝らした出し物を発表。会員らが水戸黄門らに変装して利用者らと歌を歌いながら体操をしたり、会員らが涼しげな浴衣に身を包み利用者らと盆踊りを踊ったり、大きく口を開けて健口体操をするなど、会場は笑顔と活気で溢れました。また、振り込め詐欺が多発していることから津島警察署員による振り込め詐欺の講演や歌で覚えると忘れにくいという事で、吉幾三の「酒よ」の替え歌で「詐欺よ」をみんなで合唱し再確認しました。

 稲垣紀代子会長は「利用者のみなさんの大きな笑い声が私たち会員の元気の元になる。それぞれの地域で各支部が活動しているので、利用者が地域で元気に暮らせるように一歩外に出てミニディサービスを利用して欲しい」と話していました。

 

2なの花合同

アーカイブ