JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

営農関連施設の運営方針が決定

%e2%91%a1%ef%bd%8a%ef%bd%81%e6%b5%b7%e9%83%a8%e6%9d%b1%e5%96%b6%e8%be%b2%e9%96%a2%e9%80%a3%e6%96%bd%e8%a8%ad%e9%81%8b%e5%96%b6%e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a

 当JAは、7月20日に営農センターでJA海部東営農関連施設運営委員会を開24人が参加しました。同委員会はJA役職員、支部長や受託部会の代表で組織されています。

 当日は、平成28年度のライスセンターの利用案内や保有米保管申込方法、営農関連施設の利用料金や作業料金、平成29年度の育苗センターの利用案内や田植用苗の料金などを協議して決定しました。

 ライスセンターの受け入れ期間は9月23日から11月7日まで行います。

 委員長を務める当JAの大橋組合長は「安心・安全な農作物を出荷するため、JA施設を有効利用して運営していきましょう」と話しました。

 

アーカイブ