JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

食農教育 出前授業スタート

甚目寺支店は、甚目寺小学校から食農教育の関係で地元野菜の栽培について講師選定の依頼を受け当JAの「いきいき朝市甚目寺」にも出荷をしている吉川吉市さんを紹介し、授業に協力しました。

10月12日に学校の畑で5年生13人を対象に体験学習「ふるさと甚目寺 われら産業調査隊」をスタートしました。児童らは、地域の特産野菜である小松菜を育てるにあたっての注意点などの説明を聞き、熱心にメモをとっていました。説明後、児童らは、種を蒔くための土づくりを体験しました。肥料を蒔いてから、畝を作り、種を丁寧に蒔きました。最後に虫が入らぬよう防虫ネットを被せるなど栽培について学びました。

吉川さんは「手間をかけた分だけ、出来上がったときの喜びも大きいので、大事に育てましょう」と話しました。

児童らは、体験することによって生産者の思いや大変さなどを感じていました。今後、自分達なりに考えをまとめ地域農業のことや農家の抱える問題などを話し合っていくそうです。

アーカイブ