JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

日本の味を作る

女性部大治支部は、2月1日に八ツ屋防災コミュニティセンターで味噌作りを行い、15人が参加しました。

味噌作りは、大治支部で毎年行っている人気の活動です。作り方は、水に漬けた大豆を蒸してから潰し、麹と塩を混ぜて容器に入れ、重石をして約1年熟成させます。部員らは味噌が美味しくできあがるよう一心に材料を混ぜ合わせ、調理中は終始大豆のいい匂いが立ち込めていました。重要なことは、容器に入れるときに雑菌に気を付けることです。団子状に丸め叩きつけながら容器に入れることで空気を抜き、平らにした表面に塩を振りラップをして焼酎を振り掛けて殺菌をしました。

部員は「作った味噌は家族や近所にも毎年好評なので、今回作った味噌も一年後が待ち遠しい」と話していました。

アーカイブ