JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

神守いちご生産組合 出荷へ向けた苺の目揃え会

神守いちご生産組合は、12月18日に牧野出荷場で苺の目揃え会を行いました。組合員6名と職員2名に加え、名古屋西青果株式会社の担当者が参加しました。当日は、組合員が用意した苺を使用して、今後に変更を予定している出荷規格や、刷新される予定のパック重量、梱包の方法の目揃えを行いました。出荷規格の変更は、市場へ出荷を行う際の規格を全国的に統一するためです。組合で出荷されている苺は「ゆめのか」と呼ばれる品種で、糖度が高く酸味もあり、さっぱりとした味わいが楽しめます。今年の苺の初出荷は、1月1日からでした。通常出荷は1月4日から始まり5月中旬頃まで続く予定です。組合員は「変更される出荷規格についてもしっかりと把握して、美味しい苺を安定して市場へ出荷したい」と話していました。

苺の出荷について説明を受ける組合員達

アーカイブ