JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

信頼される出荷を行うために 農産物の安全・安心対策会議

当JAは、3月19日に営農センターで令和2年度農産物の安全・安心対策会議を行いました。
会議は、海部東管内の出荷部会の代表者に加え、当JAから大橋組合長と伊藤常務、監査室長、総務部長、経済部の部課長と担当職員が出席しました。報告事項として、各部会の内部検査チェックシートや残留農薬分析結果、GAPシートの集計について報告しました。また、協議事項として令和3年度の残留農薬分析計画を協議しました。近年では、農産物に対して安全性を求める傾向が高いため、トレーサビリティを徹底する事が、消費者と生産者の双方に対してのメリットへとつながります。
大橋組合長は「日頃から、部会員の皆様による徹底した管理のおかげで、今日の農産物に対するブランド力が維持されています。今後も、安全・安心な生産と出荷を、お願いします」と話していました。

農産物の安全・安心について協議

アーカイブ