JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

地元の特産野菜を栽培しよう モロヘイヤの定植体験

大治町農業振興会と大治支店は、大治小学校と大治南小学校の3年生を対象にモロヘイヤの定植体験を行い、7月12日に大治小学校で約140名、15日に大治南小学校で約100名の子ども達が参加しました。
子ども達は、モロヘイヤの苗を定植する方法等について説明を受けた後に、畝に手で穴を掘りながら1株ずつ丁寧に苗を植え付けました。周りの土を少し高く盛る事で、雨水等が溜まるのを防ぎ、根腐れを起こりにくくします。モロヘイヤは、大治町の特産野菜で「野菜の王様」と呼ばれるほど栄養価が高く、夏が旬となる野菜です。今回定植したモロヘイヤは、8月下旬から9月上旬頃に収穫を予定しています。
振興会の会員は「地元の特産品を栽培する事で、地元や農業に興味を持ってもらえると嬉しいです」と話していました。

苗の定植の説明を受ける子ども達(大治小学校)

種蒔機「ごんべえ」を子ども達へ解説(大治南小学校)

アーカイブ