JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

献穀に向け地鎮祭



当JAは今年の秋に皇室へ米を献上する、第116回愛知県農業祭献穀事業を主催。2月26日には地鎮祭を行いました。
当日は、献穀者を務める美和町の山田守保・弘子夫妻をはじめJA役職員、建設業者ら20人が参列。美和町文化会館の南側へ献穀田を設けるため、神事を執り行いました。
寺本良保組合長は「無事に秋の収穫を迎え、献穀ができるよう力を尽くしたい」とあいさつしました。
同事業は1892年から続き、今回で116回を数える伝統的な祭事です。
今後は4月14日の「播種祭」をはじめ、5月24日の「お田植え祭」、10月16日の「刈穂祭」を経て、皇室へ献穀される予定です。
アーカイブ