JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

無病息災の願いを込めて


願いを込めながら餅をつく青木敏己組合長
当JAは昨年12月26日、JAあいち海部北部営農センター特設会場で行われた熱田神宮大鏡餅奉納餅つきに協力し、青木組合長をはじめ役職員五人が参加しました。

会場には豊年講海部支部講員やJAあいち海部の役職員ら関係者約300人が集合。8俵(480㎏)のもち米と10基の臼が用意され、大鏡餅の上下餅に5俵、振る舞い餅に3俵が使われました。白い法被に鉢巻き姿の豊年講員が力いっぱい餅をつきました。出来上がった大鏡餅は、昨年12月30日に熱田神宮の拝殿にお供えされました。

大鏡餅奉納餅つきは毎年年末に持ち回りで愛知県内の各地区が開いている行事で、一年の感謝と翌年の無病息災などの願いを込めて行っています。

青木組合長は「雪の降る寒い中での餅つきだったが、立派な大鏡餅ができてよかった」と話していました。
アーカイブ