JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

「なの花の会」が各地で活躍


共同でマスコットを作る参加者(甚目寺支部)

みんなで盆踊りを楽しむ(美和支部)

脳トレ体操で楽しく運動(神守支部)

当JAの助け合い組織「なの花の会」は、管内各地で交流を深めることを目的に、さまざまな活動を行いました。

<甚目寺支部>
甚目寺支店で8月18日に三世代交流会を行いました。近隣のお年寄りと子どもたちなど計39人が集まりました。
参加者は牛乳のフタを材料に犬のマスコットを作成したり、お手玉の玉入れゲームをしました。会場には年齢に関係なく多くの笑顔が並びました。
高齢者は「子どもたちと一緒に過ごせ、とても楽しかった」と話していました。

<美和支部>
介護老人福祉施設、ケアセンター美和で8月24日、25日、26日に渡って開かれた夏祭りに訪問しました。
会員は地元の美和音頭など盆踊りを3曲披露。高齢者は音頭に合わせて楽しく踊りました。
参加者は「盆踊りができて嬉しかった。ミニデイサービスで来てくれるのを楽しみにしています」と話していました。

<神守支部>
神守支店で9月17日にミニデイサービスを行い、管内の高齢者30人が参加しました。
参加者はドレミの歌などを唄いながら手を動かす脳トレ体操や、用意された材料を使って帽子の形のバッジ作りを楽しみました。
参加者は「大勢が一緒になって騒げるのが楽しいです」と話していました。

アーカイブ