JA 海部東農業協同組合(あまひがし)JA 海部東農業協同組合(あまひがし) JA 海部東農業協同組合(あまひがし) header AD  

新型コロナウイルスのワクチン職域接種を開始

当JAは、7月31日から稲沢厚生病院で新型コロナウイルスのワクチン接種を開始しました。
ワクチン接種は、希望するパートや嘱託を含む職員とその家族が対象で、接種後の体調不良等を考慮して3班に分かれ、9月中旬にかけて約100名の職員達が順次行います。当日は、ワクチン接種票や体温等を確認して受付をした後に予診を行い、ワクチン接種を行いました。ワクチンはモデルナ社製が使用され、特徴として新型コロナウイルスの発症を約94%程度予防する効果があり、感染力が強いとされる「デルタ変異株」に対しても高い予防効果があります。
小坂井総務部長は「職員がワクチン接種を行う事で、来店されるお客様が安心してご利用いただけるようにしたい」と話していました。

ワクチン接種の受付

ワクチン接種を受ける職員

アーカイブ